プロフィール

奥西しろ

たまごトラベル代表・奥西しろ

(デザイナー&イラストレーター)

神奈川県横浜生まれ、横浜育ち。
住宅地の中で育ち、画一的な街に疑問をもち、自然や昔ながらの文化・暮らしに憧れを抱く。

<大学卒業後>
都内美術大学デザイン科へ進学。4回生の夏に以前から興味のあった、まちづくりを学ぶべく熊本県氷川町(旧宮原町)へ「まちづくりインターン」として滞在。地元の方が企画した、高齢化するみかん農家を元気にする「お歳暮大作戦」のデザインを担当。

デザインで伝わること、魅力を引き上げることを体感し、以来 地方にこそデザインは必要だと確信。

<大学卒業後>
福岡県朝倉市の草木染の工房へ。ワークショップなど、人と人との出会いが作る作品や自然・田舎での暮らしを体験したかったため。染めの現場だけでなく、内職手配、店頭販売、催事での販売などものづくりに関わる現場に携わる。

<2008年〜2014年>
京都市のパッケージメーカーに転職。京都を始め、日本全国の企業のパッケージデザインを行う部署に3年勤務し、自社の和紙雑貨店の部署へ異動。

雑貨の開発・商品企画や工場手配、経理、店頭ディスプレイ、販促物の制作など再びものづくりと販売の現場を経験。

この間、グラフィック工芸家の井上由季子氏が主催するモーネ工房の「グラフィック工芸コース」で3年間、生活に生かす中量生産のものづくりを学ぶ。この時の卒業制作が、今 屋号となっている「たまごトラベル」という題名の旅行代理店を制作。

2014年8月>
京都府笠置町にて、たまごトラベル開業。
町の魅力探しワークショップに参加したご縁で笠置町へ移住。(成果物・笠置のイカした生き方帖

<2014年10月~2016年3月>
南山城村の道の駅運営準備室に参加(役場臨時職員として勤務)。村の魅力をブログ・SNSで発信、イベントを開催し、村のファンづくりをメインに取り組む。

また村の魅力を村民に向けて発信するフリーペーパーの作成や郷土料理をまとめた冊子「むらふぅど」などを作成。その後、道の駅は2017年春にオープン。現在も外部デザイナーとしてでなく、村のお土産物を企画・販売するなど出荷者としても関わっている。

<2016年5月>
事務所を南山城村に移転。
田舎の暮らしを学びながら、デザイン制作に励む。

<2017年秋>
長女出産。育児に奮闘しながら、これから子どもとのものづくりが楽しみなこの頃。絵本なども今後作成していきたい!

————————

<受賞歴>
第2回伊豆諸島・小笠原諸島観光ポスターデザインコンテスト優秀作品賞受賞(2010年)
奈良マラソン ロゴマーク優秀賞受賞(2010年)

<趣味>
にっぽん放浪の旅。
2011年、日本全県踏破。
日本各地に残る「良いもの・良いデザイン」を
見つける旅は、まだまだ続く。

食べることも大好き!
好きな食べ物は、生牡蠣と栗スィーツ。

PAGE TOP