村のお土産に!南山城村てぬぐい

2018年6月25日

DATA
2016.8、2017.3作成
自社商品として企画、販売
サイズ・35×90cm

食べ物以外に、気軽に贈れるお土産を作ろうと
村をテーマにした、てぬぐいを作りました。

「村ごはん柄」は、
村で昔から食べられてきた郷土料理の数々をイラストに。
村人の知恵や文化がギュッと詰まったものですが
失われつつあるものでもあります。
少しでも伝えられたらと思いてぬぐいにしました。

「田山花踊り柄」
京都府無形文化財に指定され、
毎年11月3日に開催される花踊りを描きました。


「原木しいたけ柄」
昔からの村の産業。
春〜夏はお茶の栽培を行い、しいたけは
秋〜冬の産業として行われてきました。
間伐した山の木を使うので、地域にも嬉しい産業です。

全て「道の駅お茶の京都みなみやましろ村」または、たまごトラベルオンラインショップでお買い求め頂けます。

  • この記事を書いた人
奥西しろ

奥西しろ

デザイン事務所・たまごトラベル代表。横浜市出身、京都府南部在住。 都内の美術大学卒業後、福岡の草木染め工房、京都のパッケージメーカー勤務後、2014年独立。1児の母でもある。趣味は旅をしてその土地のいいものに出会うこと。

-イラストのお仕事, グッズのデザイン
-, ,

© 2020 デザイン事務所・たまごトラベル